スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

『KOP:熊本復興応援プロジェクト♪』 その7

 

☆ 6/10(金)

 

いよいよ熊本出発となるこの日は、夕方仕事を終え...自宅がご近所の安藤ファミリーにペインティングの仕上げをしてもらって...いざ九州へ...というスケジュール。

 

予定通り仕事を終えて自宅に向かい、あと約2キロで到着という頃に、背後で「バ...バ...バ...バ...」という異音が聞こえてきて、「うるさい車がいるなぁ」と思っていたら、loveマシーン号のアクセルワークと連動していることに気付きました。 そのまま走っているとそれが少しずつ大きくなって、数分後には「バォンバォン」という暴走族的爆音へと変化。 ド派手ペインティング+爆音で周囲の注目を集めながらも、極力アクセルを踏まないようにして自宅の駐車場にたどり着き、すかさず荷台を上げて確認してみると、マフラーが触媒の前で折れてずれていたのです。(ガビーン)

 

即座にクルマ屋さんに電話を入れて状況を説明したのですが、「すみません...今、社員旅行でタイにいるんです...後で折り返していいですか?」とのこと。「タイ → すぐには直らない → 修理にが掛かる → となると熊本に出発できない → 当分リスケは無理 → どうしよう?」 出発直前の大きなピンチ(チャーンス?)で、頭の中は混乱が渦巻いていました。

 

とりあえずできることをしようと考えて、安藤ファミリーにペインティングをしてもらいながら、その間に私と進之助は出発準備をしていると、クルマ屋さんから電話があって「安佐南区に知り合いのクルマ屋さんがあるので、そこへ行ってもらえませんか?」とのこと。

 

 

 

 

安藤家のメッセージを背負い、熊本行きの荷物を詰め込んでとりあえず出発。 次の試練は金曜日夕方の渋滞でしたが、裏道を多用して何とかクルマ屋さんにたどり着きました。

クルマ屋さんでは、カンジの良いお兄さんが対応してくれて裏の修理工場へ。 そこにいたのは、薄汚れた赤いつなぎを着た見るからに職人気質なオジサンでした。 ジャッキで上げて状況を確認すると、いきなり溶接が始まりました。 お兄さんからは「溶接してみますが、結構錆びているので、つくかどうかはやってみないと分かりません」という説明があり、もう祈るしかありません。

オジサンは、手早く溶接を終えると自ら運転席に乗り込んで空吹かしをして状態を確認。 私の方を見て「大丈夫! 気を付けて行ってらっしゃい!」とのこと。後で聞いてみると、この方は経験豊富な工場長さんだったのです。 

『匠対応』のおかげで、予定より数時間遅れたもののいよいよ九州へ出発デス。 

 

※カンジの良いお兄さんと匠な工場長は、安佐南区八木の「古市モータース」さんにいらっしゃいます。

 

 

テンションが上がってアホになった進之助クン ↓

 

田原 実さんの写真

 

 

安全運転で下松パーキングに到着。

 

クマモンとパチリ♪

 

 

 

関門海峡二人旅〜。

 

 

 

この日は博多に一泊です。。

 

(晩御飯は、博多ラーメン♪)


 

※その8につづく...

 

 

| 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 22:16 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link