福島のお盆
 
昨日までお休みをいただいて、

今日からお仕事♪


広島は、マツダさんの

城下町だけあって

今日もお休みされている会社が

多いようです。


お盆は、例年通り、

青い空と入道雲の下、

汗をかきながらの

お墓参りで

穏やかな心境に...。



そんな中、

福島の友人から電話があり、

被災地でアジアからの

海外メディアの取材に

同行していたとのこと。



公園には、

子どもや家族連れの姿はなく、

時折見かける

赤ちゃんを抱いたお母さんは、

ガイガーカウンターを
(放射能測定器)

首からかけているという

少々異様な光景だそうです。



桃を作られている

農家の方のところへ行くと、

そこのおじさんは

最初は笑顔で


「これね、美味しそうな桃でしょ。

 一所懸命作ったんだけど、

 セシウム入りなんだ...

 だから、消費者の方に
 
 届けることはできない」


と話し始め、30秒後には

号泣されていたそうです。



以前、いちごを作っていた

別のおじさんは


「孫が北海道に避難して

 寂しくてしようがない。

 孫との楽しい生活を

 返して欲しい。

 この辺りは、

 自分の家の犬が

 ちょっと悪さをしただけで

 菓子折りを持って

 謝りにいくような

 ところなんだけど、

 東電は、こんなことになっても

 何もしようとしない...」


と怒りをこらえておられたそうです。



同じ国で過ごす

お盆とは思えないギャップ...。



5ヶ月が過ぎ、最近は

「放射能なんて大丈夫!」

「内部被爆は大したことはない」

といった意見も耳にしますが、

そう言われる方には

一度現地へ行ってみて

被災者の皆さんと話をしてみて

いただきたいですし、

できれば、自分自身や

子どもさんやお孫さんを含めた

ご家族で移住して

もらいたいと思います。

(もちろん、費用は東電負担で!)



原発再稼動の動きも

出ているようですが、

私は教えていただきたい!


日本にもう地震は

来ないんでしょうか?


津波はどうでしょうか?


地震や津波が来た時に、

原発は壊れないんでしょうか?


今度何かあったら

誰が責任取るんでしょうか?





汚染された食料や

汚泥の処理等も

利権や法律のからみで

よくない方向に戻って

(向かって?)

いるような気がしますが、

本当に大切なものは

何なんでしょうか?



一部の方が手にするお金?

地位? 権力?

まさかそんなものでは

ないですよね?



国民一人ひとりが

しっかりと知り、考え、

行動することによって

未来が作られていくことを

今一度認識したいと思います。


| 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 10:37 | - | - |
| - | pookmark |

Comment









Trackback



qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link